« TWW(ザ・ホワイトハウス)のページを作りました | トップページ | 義経 第10話「父の面影」 »

2005/03/13

救命病棟24時 第9話「あなたが涙をぬぐうとき」

 震災発生から40日。今回のテーマは『救う側の心のケアについて』ということでしょうか。

 消防士と研修医の河野。ふたりとも救えなかった人たちへの罪悪感で、心がこわれそうになっています。病院関係者では医師、看護師の中で河野だけなんですが、なぜでしょう。新人は河野だけだからかな。腕が未熟だから助けられなかったって自分を責めるレベルにいたのは、河野だけだったからかもしれないなあ。何がきっかけで立ち直るのか、楽しみです。

 前回一番似合わないのにお花をもらっちゃった日比谷先生。処置室で『進藤先生ごっこ』をしている和也に、とってもcuteな笑顔をみせてました(^^)和也をけっこうかわいがってる日比谷先生。昔の自分に似てるところがあるのかも。河野兄のこともさりげなく気づかってて、帰宅するのに和也を付き添わせてる。でもだめだよ日比谷先生、いい人になっちゃ。カレーも嫌いなのか。好き嫌い多いなあ。

 今回はやっぱりなんといっても寺泉先生の記者会見でしょう。思わず泣きそうになりました。でも、この会見を決心させたのは、進藤先生の言葉だったりするわけで、ど~しても進藤先生をすごい人にしたいんだな(^_^;いや、別にいいんだけど。

 でもちっちやい声で言うと、このシーン、第3話で救助のヘリコプターが来たときと似てる気がする。あそこまでやられたら、感動するしかないでしょうって。私的には、佐倉のコマネチの方が好きだな。でも、あのシーン見て思ったけど、大泉洋って演技うまいですよね。

 さあ、あと2回。どういうふうに終わるのかな?

|
|

« TWW(ザ・ホワイトハウス)のページを作りました | トップページ | 義経 第10話「父の面影」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3276940

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第9話「あなたが涙をぬぐうとき」:

« TWW(ザ・ホワイトハウス)のページを作りました | トップページ | 義経 第10話「父の面影」 »