« いま、会いにゆきます | トップページ | ロマノとレオ »

2005/02/11

義経 第5話「五条の大橋」

 いよいよ『五条の大橋』!と思って見たのですが、ちょっとがっかりでした。なんだか中途半端。CGならもっとばりばりに、そうでなかったら使わない方が好みです。遮那王が長刀の上に乗っかるシーンに苦笑しちゃいました。桜も散りすぎ(^_^;鬼一法眼が師匠だからといって、幻術っぽいのがでてくるのもなあ。いじわるな見方すると、タッキーの殺陣がうまさに不自由しているのを、CGでごまかしましたって感じだもん。弁慶が松平健なんだから、よっぽどうまくないとリアリティがないよ(^_^;

 遮那王は静に唐突に出会って、心理分析までされちゃってるし(笑)、それと静、踊んない方がいい気がする(^_^;

 憑かれたように遮那王を捜してる弁慶、なんだかラブリー。

 来週から頼朝が出てくるけど、中井貴一はベストキャスティングだと思うな。この人の悪役はとっても好き。『四十七人の刺客』の色部又四郎役でファンになりました。『髭切りの太刀』の件では、こわっぱのくせにあの清盛をたばかっていたわけで、頼朝頼もしー。ここでへぇ~へぇ~へぇ~って思わせといて、来週につなぐのね。後半ではタッキーファンの恨みを一身に背負うであろう中井貴一(笑)、がんばってほしいものです。

 でも清盛の怒りっぷりは見事でしたね。重盛のひょえ~って顔もよかったです。

 あと、後白河法皇の平幹二朗が怪物っぽくって、毎回楽しみです(^^)

|
|

« いま、会いにゆきます | トップページ | ロマノとレオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2890862

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第5話「五条の大橋」:

« いま、会いにゆきます | トップページ | ロマノとレオ »