« ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 | トップページ | 自販機 »

2005/02/03

ハツカレ

ハツカレ 1 (1)
桃森 ミヨシ

集英社 2004-01-23
売り上げランキング : 8,695

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ハツカレ』(桃森ミヨシ マーガレットコミックス)を読んでいます。入試前日にもかかわらず、貸してくれたSちゃん(爆)、そしてみんな、がんばるのだぞ!(^^)

 実は以前ニュース番組でやってた『秋葉原』の特集で、メイド喫茶に通いつめてた彼があこがれてる女の子がこのマンガのファン。そして彼の名前が同じハシモトくんってことで、このマンガと同じシュチュエーションで告白してました。だから印象に残ってたんです。

 ストーリーは関西が舞台。高1のチヒロは女子校育ち。駅で見知らぬ男の子ハシモトくん(男子高の1年)にいきなり告白されます。ふたりは付き合いだすのですが、お互いハツカレ(初彼)、ハツカノ。なのでうれしはずかし、まどろっこし、どきどき、イライラや不安、ちょっとすれ違いがあったり。でもそれを乗り越えて、少しずつ一人前のカレシ、カノジョになっていく。そういう話です。

 読んでよかった(^^)見事にはまりました(^^)まだ2巻までしか読んでませんが。返した後で自分で買おう。同世代だと共感とかいろいろあるんでしょうが、私のようにうんと大きくなると(爆)、ま~胸きゅんですね~。でも、そのひとことではすませられない、読んでていろいろ考えさせられるマンガです。登場人物の心の動きがすごく細やかに書かれてる。しぐさとか、せりふとか表情とか……。う~ん深い。

 1巻を読み終わったところで、短編のストーリーがひょこっと浮かびました。うれし~(^^)あ、ハツカレとは似てもにつかぬへんてこりんなラブストーリー。ハツカレを読んで、どうしてこのお話が出てくるかなってカンジの話です。やっぱり私は、頭の回路が変なふうにつながってるんですねって自慢してどうする(^_^;

|
|

« ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 | トップページ | 自販機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2788826

この記事へのトラックバック一覧です: ハツカレ:

« ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 | トップページ | 自販機 »