« 義経 第6話「我が兄頼朝」 | トップページ | ヘッドフォン »

2005/02/15

救命病棟24時 第5話「初めて分かった父の思い」

 1週間遅れの視聴です(^_^;今回は地震から6日目という設定。いろいろな問題はあるけれど、ちょっとほっとしたのんびりムード。

 タイトルどおり(ほんとまんまのサブタイトル(^_^;)ふた組の父と子のドラマが描かれます。

 河野兄弟は弟の方に軍配が上がったかな。最近おに~ちゃんは男を下げてばっかりのような気がします。でもどっちかというと磯辺親子の方が感動が大きかった。直接会話を交わすんじゃなくって、伝言ダイヤルを望が聞くシーンがすごくよかったです。

 裕樹は危機を脱して楓と会話ができるように。シアトルについていく、ずっと側にいると話す楓に、彼女の仕事振りを初めて見た裕樹は、救命医をやめてくれと言ったことをあやまります。一番いい方法を考えようと……。

 ラストで裕樹が急変。PCPS(経皮的人工心肺装置)がまだ使えないから、手の施しようがない気がするけど、どうするんだろう。そのまま亡くなっちゃうのかな(T_T)

 感動エピソードでしたが、『大規模災害時における緊急医療』からは、少しはずれてるような気がします。最初の3話はインパクトがすごく強かったのに……。やっぱりこういうテーマって、ひっぱる(展開させる)のが難しいのかな。

|
|

« 義経 第6話「我が兄頼朝」 | トップページ | ヘッドフォン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2939908

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第5話「初めて分かった父の思い」:

« 義経 第6話「我が兄頼朝」 | トップページ | ヘッドフォン »