« 義経 第4話「鞍馬の遮那王」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 »

2005/02/01

雪がふる

 明日(今日)は雪がふるらしい。というか、ふりだしてます。あと、風がすごいです。嵐みたい。天気予報では25センチくらい積もるらしいですが、小学生は大喜び。雪合戦するとか。「いいな~子どもは無邪気で」って、中学生が言うとりました。君らも子どもやって(爆)

 子どもの頃、2年間北陸に住んでいたことがあったのですが、冬のある朝いつもどおり起きたら、雪が70センチくらい積もってて、びっくりしました。地元の人は空模様で、明日は積もるぞってわかるみたいで、早起きして雪かきはすでに終了。

 そのままじゃ会社にも学校にも行けないので、家からお隣まで20メートルくらい、父上が大汗をかきながら雪かき。もちろん初めて。スコップに雪がくっついて能率が悪いし、植え込みがあったところへ雪を投げちゃったので、雪がとけたら木がいっぱい折れてました(^_^;スコップには油をひかなきゃってあとで教わりましたが。

 平屋だったんですが、屋根に積もった雪の重みで、ふすまがあきにくくなってきて、雪おろしをしなくちゃいけなかったんだけど、誰もやったことがない。1日のばしにしていたら、大家さん(借家だったので)が来てやってくれました。大家さんも、家がつぶれちゃ困るって思ったんでしょう(爆)

 柴犬を飼ってたのですが、彼も雪は初めて。地元の犬は普通に歩いてるのに、犬かきで泳いでました。この犬は田んぼも知らなくて、おばあちゃんちの近所で田んぼを原っぱと間違えて飛び込んだこともあります。農作業してたおじさんに、「さすがは都会の犬じゃ」と感心されてましたっけ。本人は情けなさそうな顔してました。

 で、雪の日に犬は脱走してしまいました。さがしたんだけど見つからなくて、あきらめてたら、夕方戻ってきました。どっかですごい冒険をしたんでしょう。雪の日に犬って興奮するのかもですね。屋根からおろした雪で滑り台を作ったら犬が喜んで、頭を下にしてすべっていきました。着いたらまたもう一度駆け上がって、やっぱり頭を下にしてすべる。とっても?でした(^_^;

 でも、珍しくておもしろかったのは最初のうちだけでした。国道には生鮮食料品を積んだ大型トラックが何台も立ち往生してるし、雪おろしの雪にうずまって亡くなったとかニュースで言ってたり、雪ってこわいものなんだなってこども心に思いました。

 中越地震の被災地は雪、大丈夫かな……。

|
|

« 義経 第4話「鞍馬の遮那王」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2765502

この記事へのトラックバック一覧です: 雪がふる:

« 義経 第4話「鞍馬の遮那王」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 3-16「「詩人と地雷」 »