« TWWとのクロスオーバーエピ  | トップページ | 雪がふる »

2005/01/31

義経 第4話「鞍馬の遮那王」

 今日から完全にタッキーにバトンタッチ。

 タッキー遮那王は悩んでいます。自分は何者なのか。訪ねて行った吉次は教えてくれません。何かに打ち込みたい彼は、鬼一法眼に武術を教えてほしいと申し出ます。武術といっても、忍術っぽい。力よりも身の軽さというか、身のこなしに重きを置いた武術のような。遮那王にはよく似合ってます。あと、兵法も習う。これは将来とても役に立つんだけど、戦には使うなって言われてましたね。でも、ばりばり使っちゃう。義経は戦上手。それが彼の身を滅ぼしたともいえるので、やっぱり鬼一法眼の言うとおり、自分一人の生きるよすがとした方がよかったってことかな。

 タッキー遮那王は立ち回りがんばってますが、4人に山中で襲われたとこ。う~んいまいちかなあ(^_^;腰がすわってません気がします。襲ってきた人たちのほうがずっと上手(^_^;弁慶に習いましょう(笑)

 母が自分たち兄弟の命を助けるために、父の仇の清盛の愛人になっていたということが遮那王はショック。いくらお徳に、母親に縁の薄い清盛だから遮那王たちを助けたとか言われても、事実は曲げようもないし……。仇でもあり恩人でもある、清盛の存在。そして源氏の御曹司でありながら、清盛に寵愛を受けた自分。これらの二面性が、遮那王をこれからも苦しめるのでしょう。

 上様弁慶の登場!情けない平家の公達。いよいよ五条の橋の上の対決!と思ったら、次週に持ち越し(^_^;まあしょうがないか。前半屈指の名場面だし。

 毎週言ってるけど、な~んか上半身裸のシーンが多くないですか?タッキー遮那王(爆)

|
|

« TWWとのクロスオーバーエピ  | トップページ | 雪がふる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2753791

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第4話「鞍馬の遮那王」:

« TWWとのクロスオーバーエピ  | トップページ | 雪がふる »