« これあげる | トップページ | 優しい時間 第1話「雪虫」 »

2005/01/29

救命病棟24時 第3話「ヘリが運んだ夫婦の愛!」

 今回の最大の感動シーンは、ヘリコプターがやってくる場面でしょう。バラバラという音にみんながはっとなる。屋上へあがると青空をバックにりりしいヘリの姿がば~ん!さっそうとおりてくる寺泉。かけよる子ども。「国会議員の娘でなくてもお前と結婚した!」ヘリは患者を乗せて、ぐうっと大空へ。
 ああ、ローターにだけは気をつけて、特に後ろのに。と思いながら見てしまいました(T_T)
 あまりにも絵に書いたようなシーンで、あそこまでやられちゃうと、もう感動するしかしょうがないです。

 次の感動シーンは、楓がパニクってるところへ進藤登場!やった!やっと会えた!よかった!自分がほっとしてどうする。あっという間に師弟コンビに戻ってます。ちょっと意外だったのが、楓がシアトルに行く決心をしたこと。どんなに裕樹が大切かわかったとか言ってたな。来週はどうやら裕樹と楓の再会。裕樹は楓を心配して、重傷を負ってるのに病院を抜け出す。もしかしたら行き倒れて病院に担ぎ込まれた彼を、楓が助けるのかも。裕樹は楓の働きぶりを見て、救急医を続けるべきだと悟るとか……。違うかな?

 河野院長は地域の人のために救護所へ。かっこいい~。

 黒木医局長の助けられる人を助けるっていう姿勢に、研修医の河野は猛反発。
 黒木が娘と携帯で泣きながら話すシーン。すごくよかったな。「パパは平気だよ。大変なことなんて全然ないよ。まだ帰れないんだ。ごめんな、なつみ。そうだよ、パパはお医者さんだから」
 まだまだ青いな河野くん。患者を助けられないつらさはベテランの方が強いと思うよ。身も心もぎりぎり極限状態なのに、医局長ってことで踏ん張ってる黒木が思わず見せた涙には感動。自分的には、今回一番の感動シーンはこれだな。

 来週は、身勝手スタッフに非難ごうごうとか、元看護師の保健の先生とか、またまた政治家に戻っちゃった寺泉とかちょっと新しい展開かな。最初の混乱が収まって、長期戦スタートってところでしょうか。でも、これからどういうふううに展開させるんだろう。最初がすごいインパクトだから、なんだかむずかしそう。

 第1話と第2話、タイトルがかっこよかったのに、「ヘリが運んだ夫婦の愛!」ってなんだかちょっと(^_^;

 先週から見ていて思ったんですが、Satinsky鉗子とか、ペンローズドレーンとか、日本でも言い方は同じなんですね(^^)

|
|

« これあげる | トップページ | 優しい時間 第1話「雪虫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2732093

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第3話「ヘリが運んだ夫婦の愛!」:

« これあげる | トップページ | 優しい時間 第1話「雪虫」 »