« サード・ウォッチ1-4 「正義とは」 | トップページ | 大化の改新  ER11-9 TWAS THE NIGHT »

2004/12/11

最後の忠臣蔵 第6話「花嫁の父」

 いよいよ最終回!

 美しく成長した可音。この女優さん、気品があって凛としててなかなかよろしいんじゃないでしょうか。時代劇のオファーがたくさんくるかも。茶屋四郎次郎の息子役は芦田昌太郎。この人は芦田伸助の孫ですよね。

 縁談もってきた吉右衛門に、孫左衛門は「お可音様の素性をしゃべったな!」と斧を振り上げる。これに吉右衛門が「まさかおぬし横恋慕ではあるまいな」って言ったもんだから、振り下ろしちゃったよ、斧。単純に「何を申すかこのたわけ!」にしては反応が激烈すぎますが、ひょっとして図星?それとも対象はお可留?そういえば、お可留が亡くなったときのこと話してた孫左衛門の様子は、ちょっとそうだった気がしないでもない。『横恋慕』って言葉がわざわざ出てくるからには、やっぱり誰かを思ってたってことなんでしょう。たぶんそれはお可音ではなく、お可留のほうだろうな。愛する人の忘れ形見を大事~に育てた孫左衛門。そう考えた方が、ちょっとかわいそうさがうすれる気がする。

 法要の準備段階及び当日のいざこざは、ありそうな話。源四郎の「目くそ鼻くその争いはやめよ!」には拍手喝さい。

 「そなたの忠義は生涯忘れぬ。父に代わって礼を申しますぞ」このために孫左衛門の生涯があったんだな~。

 お嫁入りの行列がだんだん長くなるのは、やっぱり感動しました。たいまつとたくさんのあかり。ほのかに浮かび上がる行列が水面にうつって……。美しいシーンですよね。

 お可音には父が3人。入れてもらえてよかったね、孫左衛門。でも、孫左衛門がいないってところで、いや~な予感が。そして、孫左衛門の家の障子の一部がぼわあっと明るいのを見て、さらにいや~な予感。ほっとした顔すんなよ~吉右衛門。そして、お位牌の灯明があげられてるの見ていや~な予感は最高潮。
 「すまん、俺は腹を切った」この『すまん』は、生き証人としてこれからも生きていかねばならない吉右衛門、死を許されない吉右衛門に対して、俺だけが死んで楽になってすまんってことなんでしょう。わ~ん孫左~っ!(T_T)吉右衛門の「あほうっ!」が悲しい。「遅ればせながら、大石様のお供をつかまつる。やっと終わった。思えば長い生涯であった」号泣する吉右衛門の涙(とよだれ)が胸を打ちました。
 婚礼を内蔵助の命日にしたときから、切腹するつもりだったのでしょう。晴れがましい舞台にあがることもなく、ひっそりと孫左は逝ってしまいました。「私の心はねじくれておりました。それを気づかせてくれたのは寺坂吉右衛門です」茶屋四郎次郎に語った孫左衛門のこの言葉は、吉右衛門に対する感謝の気持、遺言であったような気がします。

 わああ、最後の最後に篠登場。「死ぬるだけが忠義でしょうか。せっかくの命をなぜ粗末にするのですか。身内の悲しみはどうなります。私は兄を失い、あなたを失い、そして夫を失いました。それでもこうして生きています」篠節炸裂ってとこですが、う~んどうなんだろう。ちょっとくどいかな。かんざしのシーンだけでよかった気もしますが。なんか孫左衛門の死の余韻がぶちこわしかも。あ、でも、夫が亡くなってるってことがわかんないか。このシーンがないと。いきなり吉右衛門に、私と一緒に暮らして、夫死んじゃったしって言うわけにいかないもんね。
 かんざし肌身はなざず14年間も持ってたんだ。すごいぞ吉右衛門。そんなかんざしを篠は「(もらうのは)いやです。昔のことは思い出したくありません。それよりなぜ一緒に暮らそうと言うてくださらぬのですか」「また私を捨てるのですか!」でもこの時代、夫が亡くなったからといって、簡単に再婚してもいいんだっけ?嫁いだ家を守らなきゃいけないんじゃないのかなあ。後添えでも。人に嫁いだんじゃなくて、家に嫁いだんだから。武家の場合特に。

 「卑怯者!」と言いながらすがりつく、女心ってフクザツ。このラスト、吉右衛門が幸せになるのはいいんだけどさ。かんざし持ってたくらいだから、ずっと篠のこと思ってたんだろうし。だけど、篠があまりに篠過ぎて、ちょっと違和感があるなあ(^_^;年月がたったんだから、いたわり~とかしっとり~とかあるといいな~。

 赤ちゃんを抱いて孫左衛門のお墓参りをするお可音と夫、そしてかたわらでほほえむ吉右衛門とか、見たかった気がするんだけど……。

|
|

« サード・ウォッチ1-4 「正義とは」 | トップページ | 大化の改新  ER11-9 TWAS THE NIGHT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/2229605

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵 第6話「花嫁の父」:

« サード・ウォッチ1-4 「正義とは」 | トップページ | 大化の改新  ER11-9 TWAS THE NIGHT »