« ホテルニューハンプシャー | トップページ | おとな買い »

2004/11/10

ザ・ホワイトハウス3-6 「消えた潜水艦」

 始まってからすっと思っていたのですが、今シーズンなんだか内容が難しいです。気合入れて見てないと、よくわかんないところがある。法律関係の話と、選挙関係の話が多いからでしょうか(^_^;)アメリカの政治とか法律の本、買ったほうがいいのかな(笑)

 大統領夫人のアビーとバビッシュの話し会いは、行政監視委員会がアビーの医療ミス訴訟をつかんでて、そこを突いてくるだろう。そして、大統領の顔に泥を塗ることになる。ってことですよね。で、大統領の弱点はアビーだと言われて愕然としたと。アビーの足が折れてるのは、ハイキングに行って坂道で転んだって言ってたけど、きっと女優さん自身が骨折しちゃったんだろうな~。あと、女性はもうこりごりってこと?バビッシュ。

 サムとコニーとブルーノがもめてたのは、選挙用の広告。資金がないと言うサムに政治献金を使えばいいと言うブルーノとコニー。でも、大統領が反対の立場をとってるから使うのはまずい。でも、法律はまだできてないから守らなくてもいい、いいや、法の抜け道を通るのはよくないってことでしたっけ。で、結局最後サムもブルーノも喜んでたから、あのトビーの言葉って、ちゃんとした資金を使って正式な広告を作ろうってことになったんですよね。違うのかな。このあたりがよくわからなかったな。

 トビーがてこずってたのは、国家芸術基金の予算が国立公園局に回されることを知って、関係者である女性を呼びつけたら、反対にいろいろ言われちゃったと。女性の目的はある特定の人を免職にしたいということみたいだったけど、あれはどうなるんだろう。きっと要求をのむんだろうな、トビー。だって、選挙で後悔することになるって言われちゃあねえ。『うなるトビー』もおもしろかったです。

 冒頭で大統領が、ヘリコプターに乗るときプロペラが当たらないようにの話が出て、チャーリーが「バスケットの選手でもあたらない」とか言ってて、大統領が「背が低いって馬鹿にしただろう」「はい、ちょっと」には笑いました。CJにも大統領が聞いてましたけど、でもでも、後のプロペラには気をつけないとね(T_T)(ロマノ~~)

 題名にもなってる消えた潜水艦。無事に見つかってよかったですけど、大統領が、ダンカンはすぐ説教するからっていやがってて、「何かうまい言い方はないかな。友達が潜水艦をなくしちゃったんだ」には大爆笑。いったいどんなお友達なんだ。あの、ダンカンっておじいさんはいいキャラしてる。大統領でも苦手な人っているんだ(笑)

 あと、CJの『お歌』はウケました。下院院内総務が大統領を目指す理由を答えられなかったことをすごく喜んでみんなにふれまわってるうちに、果たして大統領にはちゃんと理由があるのかだんだん不安になるのがおもしろかったです。トビーもジョシュもあるよって言ってましたけど、大統領自身は「さっきからずーっと考えてるんだがまだでないな」わあお、いいのか、大統領。

 ジョシュとドナはどこかぎこちない気が。気のせいかな。あの警備呼んじゃってごめんの手紙には笑いました。何があったんだ?

|
|

« ホテルニューハンプシャー | トップページ | おとな買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/1918865

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホワイトハウス3-6 「消えた潜水艦」:

« ホテルニューハンプシャー | トップページ | おとな買い »