« シャロウ グレイブ | トップページ | のだめカンタービレ »

2004/11/17

ザ・ホワイトハウス3-7 「思わぬ訪問者」

 今日は感謝祭エピ。ERでも感謝祭エピ(シーズン10の感謝祭エピはとんでもないけど(T_T))が放送されたりしますよね。感謝祭エピを見るといつも、感謝祭って大事なイベントなんだなって思います。シーズン2の感謝祭エピは、CJのオフィスに七面鳥がいてっていう爆笑シーンがありましたが(今年はもう、特赦を受ける七面鳥は選んだらしい)、今回、冒頭からCJが笑わせてくれました。

 「17種のスパイスを加えるという話のあたりから気を失っていた」CJは、ジョークの一線を越えてしまったらしい(笑)のですが、バートレット大統領はうんちくをたれるのがどうやらお好きみたいですね。それがいつも、けっこうど~でもいい、それがいったいなんの役に立つんだということについてで、スタッフは大迷惑。今回は七面鳥の焼き方で、CJの次はチャーリー。普段はきっちり秘書業務をこなしてる彼が、大統領より先にトビーの入室を許可しちゃうなんて、よっぽどだったんでしょう。トビーはおりこうさんに、七面鳥の焼き方を教えてくださいと先手を打ちました。トビーの、詰め物の生焼けには気をつけたほうがいい。食中毒になるからという言葉が、大統領は気になってしかたがありません。レオにも言ってました。そしてとうとう、フリーダイヤルのホットラインに問い合わせます。「お声に聞き覚えが」ってそりゃーそうでしょう。大統領だもん。で、大統領のお芝居にトビーとチャーリーが協力。ところどころぼろが出そうになってましたが(^_^;大喜びの大統領はとってもかわいかったです。かわいいといえば、このシーンで、すんごくかわいいトビーの笑顔を見てしまいました。シアワセ(^^)結局詰め物は、炒めてからつめれば大丈夫ということに。ほっとする大統領。これがラストのアビーとの会話、「私が七面鳥の詰め物を詰めてから焼こうが、焼いてから詰めようが、どうせ君らにはわからんだろう」「ええ、あなたが作ったものはいつも、娘達が食べてから食べるようにしてるの」「私もさ」につながるんですよね。食べる方にはどうせわからないんだけど、家族のために、安全な調理法をホットラインに電話してまで聞いた大統領。それはアビーもわかってくれてるみたいです。

 トビーもやっぱり人の子(笑)感謝祭には家族と食事するんですね。おみやげをいろいろかばんにつめて、紙袋の荷物ももって大変そうです。甥っ子や姪っ子が待ってるって、子供いないんだ。奥さんいないのは知ってたけど。ブルーノが懸案を即座に解決したのはすごいなあ。トビーがブルーノの実力を認めた、記念すべき瞬間。けっこう感動したけど、そのあとブルーノが、「私はなんだって売れる」って言ったのが、すごくおかしかった。こういうふっと力を抜く演出、いつもうまいですよね。

 CJはやっぱり今年も感謝祭はついてない。帰ろうとしたところで、先住民がロビーに立ってるって。それを引き受けるはめに。でも、いろいろ調べると、内務省がいけないってことがよくわかって、いろいろ手をつくすCJ。その誠意が最終的に相手側に通じて、ほっとしました。こういう問題って、難しそうだなっていつも思います。

 サムって真面目なのに、どこか抜けてるっていうのかなんというのか、おもしろいです。ジョシュはけっこう汚い仕事もするって自分で言ってましたが、サムには無理そう(^_^;)そのジョシュとドナ、今日はいつものふたりに戻っていて、ほっとしました。でも、自分のママがフロリダに引っ越したのを忘れてたジョシュっていったい……(爆)

|
|

« シャロウ グレイブ | トップページ | のだめカンタービレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/1983419

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホワイトハウス3-7 「思わぬ訪問者」:

« シャロウ グレイブ | トップページ | のだめカンタービレ »