« ザ・ホワイトハウス3-3 「アメとムチ」 | トップページ | 島田紳助暴行事件 »

2004/10/30

ザ・ホワイトハウス3-4 「かけ引き」

 今日も見ましたザ・ホワイトハウス3。拒否権を発動するかどうかがクライマックスになると思いきや、オープニングの前に、あっさり大統領はサインして発動しちゃいました。

 そしたら下院が拒否権を覆す採決を行おうとします。でもって、『かけ引き』になるんですが、これに外交問題(エルサレムでの自爆テロ)がからんだり、中も外も大変だ~~って感じです。いつも思うんだけど、ナンシー・マクナリーって頼りがいあるなあ。危機管理能力ばっちりで、安心できる気がします。

 『かけ引き』がいろいろあっておもしろかったです。トビーもサムもジョシュもてこずるんだけど、レオがかんしゃく(笑)おこして「全国放送でひじうちをくらわせろ!」から流れが変わって、それぞれに一件落着。調子にのってるキンボールに「条件はのみません。全部」って言ったトビー、すかっとしただろうな。もちろん、見てる方もすかっとしました(^^)

 原題は『ON THE DAY BEFORE』で、「ユダヤ教の贖罪の日には神に対する罪の許しをこい、その前日には人に対する罪の許しをこうそうだ」「人に対する許しをこわないと、神に対する許しをこえないそうだ」という大統領のセリフがあって、ヘブライ語で『エレブヨンキップール』と呼ばれるその『人に対する許しをこう日』のことをさしてるみたいです。でも、邦題は『かけ引き』。それには違いないけどさ~、原題の意味が全然入ってない(^_^;)

 CJが今から着替えるって言ったら、チャーリーが「じゃあ、見てます」って言ったのは、おもしろかったというのか、びっくりしちゃったというのか。このチャーリー、弁護費用で彼が破産してはいけないし、ロースクールからも追い出されるから、司法取引をして免責を受けるようにって、全員に(個別に)言われるんだけど、大統領を裏切るのはやだって拒否します。かっこいいぞ!チャーリー。トビー「ワクチンの話もしちゃいけないのか」チャーリー「それは免疫でしょ」には笑っちゃいました。

 ああ、そしてCJ!今回も攻めてくれました!ろくに政治を知りもしないのに~のいかにもらしい女性記者シェリーにケンカを売られたCJは、きっちりとシェリーをぎゃふんと言わせます。「対処しましょうか?」「自分でやるわ」のシーンからわくわくしてたんですが、さっすがCJ。かっこいい~~(^^) やりこめたあとで、ひとりごとみたいに「知ってる?塩の化学式はNaclよ」って言うのがウケました。そういえば、シーズン2の「すみません、ネコの置物をわってしまいました」って大統領の背中(もちろん聞こえてない)にむかって懺悔するシーン。あれとか大好き。
 
 次回はドナがピンチみたい。大丈夫か、ドナ。ジョシュの蝶ネクタイをドナが結んであげてた冒頭のシーンにちょっとドキドキ。このふたりの微妙な関係って好きだなあ(^^)  

|
|

« ザ・ホワイトハウス3-3 「アメとムチ」 | トップページ | 島田紳助暴行事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/1808518

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホワイトハウス3-4 「かけ引き」:

« ザ・ホワイトハウス3-3 「アメとムチ」 | トップページ | 島田紳助暴行事件 »