トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004/10/31

島田紳助暴行事件

 まず最初にお断りしておきますが、私は島田紳助に同情しているわけではありませんし、被害者の女性に反感を持っているわけでもありません。どんな理由であれ、暴力をふるうことはいけないことだと思います。あと、事件については、ネットのニュースを読んで、謝罪会見をちらっとテレビで見ただけです。

 暴力をふるわれて、訴えるというのはわかります。個人としては。でも、社員としてはどうでしょう?紳助はいわば吉本の商品で、しかもトップクラスの看板商品。訴えるというのは、その商品価値を地に落とす行為です。当然売れ行きは落ちるし、謹慎中の番組出演停止により、賠償金をテレビ局に払わなくてはいけないかもしれません。当然、会社は大損をこうむります。それに、自分のお給料の一部は紳助が稼いでくれているのです。自分の首、自分でしめてるやん(^_^;)

 私の、吉本という会社に対するイメージのひとつに、『ケチ』というのがあります。花月の売店でおばあさんたちがおせんべいを買って、よく芸人さん達の楽屋へ差し入れてくれる。しばらくすると係の者がおせんべいを回収して、また売店に並べる。とか、夏冷房がきいて、売店のアイスクリームの売れ行きが落ちると、冷房の設定温度を2、3度上げる。とか、以前会長さんが亡くなったとき、お葬式には当然所属する芸人が参列するので、芸を見せて、一般の参列者からお金を取ろうという話があった。とか、よく漫才や落語のネタにされていますよね。

 そんな吉本の、タレントに殴られた時の正しいマネージャーのあり方ってのは、こんな感じ(笑)?
 ~テレビ局にて~
「鼻血でてますやん。うわ、顔もはれてるがな。どないしたんですか?」
「そこで転んだんです。たいしたことありません」
「うそや、僕見ましたで。鉄(架空の芸人の名前)にどつかれてたの」
「あれは違いますねん。ネタの練習なんですわ」
 ~会社へ帰って~
「どないしたんや、その顔」
「鉄にどつかれましてん」
「お前なんかゆうたんか」
「はあ、ちょっといらんことを。すんません、部長」
「ドアホ!給料1ヶ月カットやな」
「そんな殺生な」
「ほお、口答えするんか。マネージャーの代わりなんて、いくらでもおるんやで」
「いえいえ、文句なんてとんでもない」
 ~鉄を呼び出す部長~
「こら、鉄。山田(マネージャーの名前。もちろん架空)をどついたんやて?」
「はあ、すんません」
「ドアホ!いったい何べんゆうたらわかるんや!罰として、1ヶ月休まんと働け」
「そんな殺生な」
「ほお、そんなに休みがほしいんなら、ず~っと休みにしたろか?」
「いえいえ、喜んで働かさしてもらいます」

 もしかして今回の事件、しっかり社員教育をしなかった吉本に非がある? 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2004/10/30

ザ・ホワイトハウス3-4 「かけ引き」

 今日も見ましたザ・ホワイトハウス3。拒否権を発動するかどうかがクライマックスになると思いきや、オープニングの前に、あっさり大統領はサインして発動しちゃいました。

 そしたら下院が拒否権を覆す採決を行おうとします。でもって、『かけ引き』になるんですが、これに外交問題(エルサレムでの自爆テロ)がからんだり、中も外も大変だ~~って感じです。いつも思うんだけど、ナンシー・マクナリーって頼りがいあるなあ。危機管理能力ばっちりで、安心できる気がします。

 『かけ引き』がいろいろあっておもしろかったです。トビーもサムもジョシュもてこずるんだけど、レオがかんしゃく(笑)おこして「全国放送でひじうちをくらわせろ!」から流れが変わって、それぞれに一件落着。調子にのってるキンボールに「条件はのみません。全部」って言ったトビー、すかっとしただろうな。もちろん、見てる方もすかっとしました(^^)

 原題は『ON THE DAY BEFORE』で、「ユダヤ教の贖罪の日には神に対する罪の許しをこい、その前日には人に対する罪の許しをこうそうだ」「人に対する許しをこわないと、神に対する許しをこえないそうだ」という大統領のセリフがあって、ヘブライ語で『エレブヨンキップール』と呼ばれるその『人に対する許しをこう日』のことをさしてるみたいです。でも、邦題は『かけ引き』。それには違いないけどさ~、原題の意味が全然入ってない(^_^;)

 CJが今から着替えるって言ったら、チャーリーが「じゃあ、見てます」って言ったのは、おもしろかったというのか、びっくりしちゃったというのか。このチャーリー、弁護費用で彼が破産してはいけないし、ロースクールからも追い出されるから、司法取引をして免責を受けるようにって、全員に(個別に)言われるんだけど、大統領を裏切るのはやだって拒否します。かっこいいぞ!チャーリー。トビー「ワクチンの話もしちゃいけないのか」チャーリー「それは免疫でしょ」には笑っちゃいました。

 ああ、そしてCJ!今回も攻めてくれました!ろくに政治を知りもしないのに~のいかにもらしい女性記者シェリーにケンカを売られたCJは、きっちりとシェリーをぎゃふんと言わせます。「対処しましょうか?」「自分でやるわ」のシーンからわくわくしてたんですが、さっすがCJ。かっこいい~~(^^) やりこめたあとで、ひとりごとみたいに「知ってる?塩の化学式はNaclよ」って言うのがウケました。そういえば、シーズン2の「すみません、ネコの置物をわってしまいました」って大統領の背中(もちろん聞こえてない)にむかって懺悔するシーン。あれとか大好き。
 
 次回はドナがピンチみたい。大丈夫か、ドナ。ジョシュの蝶ネクタイをドナが結んであげてた冒頭のシーンにちょっとドキドキ。このふたりの微妙な関係って好きだなあ(^^)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/29

ザ・ホワイトハウス3-3 「アメとムチ」

 第3話見ました~(^^)おもしろかったです。CJがかっこいい!これで名誉挽回だ。やっぱりCJには『攻め』が似あう。「やってみなさいよ」も~最高だよCJ!

 1話2話とちょっと暗かったので、心配してたんですが、今日はもとのザ・ホワイトハウスに戻ったような気がします。新スタッフと旧スタッフもだんだん仲良くなってきた気が。何だかんだ言っても、みんな優秀だし、目標はひとつ(大統領の再選)ってことなのかな。コニーはだいぶキャラがわかってきた。おもしろい人だ。それと豪快というのかそんな感じ。結構好きだなコニー。

 あいかわらずトビーは皮肉屋さんです。大変よろしいと思います(^^)なにげにダグとふたり、意見が一致してるのがおもしろい。そんでもって、ふたりともお互い知らん顔してるのが、もっとおもしろい。

 『バレリーナ』には爆笑しました。大統領まで知ってるという。どういうルートで伝わったのか、知りたいです。ジョシュのコードネームが『バレリーナ』になったりして(笑)

 ランディハムさんのエピソードはよかったな。ランディハムさんがいつもペンを大統領のポケットに入れてくれてたってことを知らされて、大統領がランディハムさんのデスクをさがしたら、そのペンの予備がたくさん箱に入ってて……。こんなにたくさんペンの予備はあるのにランディハムさんはもういないんだって、大統領は思っただろうな。しょっちゅうペンをなくす(?)大統領に対するランディハムさんの細やかな気配りだけが残って……。何だかすごく心に残るシーンです。チャーリーの「心の穴は埋まらないんです」っていうせりふもよかったな。守りから攻めに転じて、いくぞ~っていうのと、緩急というのか、そういう対比があざやかにきまった今回のエピでした。

 このペンでサインして、拒否権を発動するのか?次を見なくっちゃ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/28

来月のスカパー

 スカパーの番組表の本の11月号がとどいたので、ぱらぱらと。ほおお、韓国ドラマ多いなあ……。見ないけど(^_^;)

 で、サードウオッチが始まるので見なくっちゃ、というか、録画しなくっちゃ。見るのはいつになるんだろう(^_^;)あと、時代劇専門チャンネルで藤田まこと特集。『剣客商売』の今年の冬地上波で放送だったのを、もう放送するみたい。よかった!これ、初回の小太郎誕生を録画し損ねたんだよね。全話録画しなおそう。

 時代劇専門チャンネルといえば、今『大奥』をやってるんだけど、これ前に録画したと思ってたら、1968年版でした。これは録画してなかったんです(T_T)気がついたときはもう10話を越えてたので断念。あと、『大江戸捜査網』は最初からリタイア(^_^;)だってすごく長いんだもの。でもマニアは全話録画するだろうな。『大岡越前』はこの間第4部を録画したので、これで第1部から第15部までコンプリート(爆)でも、スカパー放送分の方が画質がよいので、録画しなおしてます。

 雷様(かみなりさまではありません、らいさまです。つまり市川雷蔵のこと)の映画『花の白虎隊』って録ってったっけ?デビュー作なんだけど……ちょっと調べてみなきゃ。

 スカパーで、ERの第1シーズンを録画したんだけど、まだ見ていません。名作ぞろいなのでおすすめってみなさんおっしゃるので見ようと思うのですが、でも、ロマノが出てないので……。見るっていうと、つい、ロマノがでてるシーズンを見直してしまうのでした。

 あ、『ザ・ホワイトハウス3』2本たまってた。早く見よう!楽しみ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/27

ごはん

 ちょっといろいろと忙しくて書けなかったERのFicを、昨日から書いています。久しぶりなので、夢中になって書いていたところ、はっと時計を見ると、夕飯の支度をする時間です。まずご飯を炊きつけて、それからおかずの用意を。でも、待てよ。今日のメインディッシュは鶏肉と野菜のトマト煮込み。はっきり言って手抜きメニュー。まだ余裕あるな。で、またパソコンの前へ。

 わー遅くなっちゃったよ(いつもこれだ)(^_^;)と速攻で野菜を切り、ニンジンは火の通りが遅いから、レンジでチン!お鍋に材料を放り込んで油でいため、ワインを加えて、しばらくいためて水を加えて……。これでよし(^^)ほっとしながら炊飯器を見ると、うわああああああ!スイッチが入ってないっ!

 急いでやかんでお湯を沸かし、おかまの水を捨て、代わりに熱湯を注ぐ。スイッチを入れようとしてはたと手が止まりました。この、『早炊き』というのは何?実はこの炊飯器、買い換えてまだあまり間がないのです。よ~く見ると、『白米』『早炊き』『おかゆ』と3つのセレクトができるようになっている。

 『早炊き』って『早炊き』って『早炊き』のことだよね。あ~でも、これ、どこをどうやったら『早炊き』になるんだろ?てきと~に押したら、カーソルみたいなのが『早炊き』の下へ来ました。よっしゃあ~!思わずガッツポーズ。

 で、てきと~にブロッコリーをゆでてからしあえにしたり、あといろいろてきと~に作っている間に、ご飯は無事に炊き上がりました。あ~よかった。タイムリミットぴったり(^_^;)

 「今日のご飯、なんだかおいしく炊けてるね~(なぜだ(^_^;))」というおまけまでついて、スイッチを入れ忘れたことを誰にも知られることなく、ごちそうさま~へたどりつきました。『早炊き』スイッチには、これからもお世話になりそうな予感が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/26

地震への備え

 新潟の地震をきっかけに、地震への備えを考えてみました。

 水は飲料水としてひとり1日3リットル。それを最低3日分は用意するように、とテレビで言ってました。うちは3人家族なので27リットル!結構な量です。2リットルのペットボトル14本!実は今日出かけて2本買ってきたけど、あと12本買ってこなきゃ(^_^;)でも家においておいても、家から取り出せなきゃね。そんなにたくさんのペットボトルを持っては逃げられませんし。

 次に食料。ガスと電気は使えないと考えて、パックのご飯とか買った方がいいかな。あと、以前使ってたカセットボンベ使用のコンロ復活か。あ、でもうちの方はプロパンガスだから、関係ないんだ。自分ちが無事ならばガスも使える。そう考えると、都市ガスよりプロパンの方が便利なのかな?あと、暖房器具。石油ファンヒーターは電気がないと使えないから、普通の石油ストーブがいりますよね。

 生活用水(トイレ用)は、川から水をくんでくれば何とかなるような気が。布でこしてごみを取り除けば使えると思うな。お風呂は沸かすんじゃなくて、給湯タイプだからこちらはお手上げ(^_^;)

 困るのはネコ。たとえば避難所に行ったとして、犬はつないでおけばいいけど、ネコはそうはいきません。特にうちのは完全室内飼い。しかもケージ飼いだし……。狭いところ好きだから、ペットキャリーに入れておけばいいかもだけど、トイレがなあ(^_^;)避難所にネコのトイレも持っていくかな(^_^;)でもな~、他の人に迷惑かけちゃうだろうし。う~ん、ネコのためにできるだけ自宅でがんばろうかな。外で寝てもいいや(^_^;)たかがネコなのにって言われるだろうけど、私にとっては宝物なので。 

 でも、ちゃんと非常持ち出し袋を用意しようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

2004/10/25

新潟県中越地震

 大きく陥没した道路、土砂崩れで埋まった線路、倒壊してしまった家屋……一夜明けてテレビに映し出される映像に、息をのむばかりです。ライフラインの復旧も遅れていて、被災者の方々に、食料や水、毛布などが行き渡っていないとか。なんとかならないのかなと、テレビを見ながらもどかしい思いがします。

 『情報ライブEZTV!』という番組を見ていたら、被災者の方の様子がいろいろ映っていて、その中で、おにぎりを配っているシーンがありました。「すみません、ひとり1個にしてください」と言われているのに、5つくらい持っていこうとしている30代くらいの主婦。「すみません、ひとり1個に……」その人は、そのまま5つ持っていっちゃいました。次のシーンで年配の女性が「食べ物が足りないのでは?」とインタビューされ、「足りなくても我慢すればすむことですから」とにっこり。主婦の人にも事情はあっただろうし、一番問題なのは充分な量の食料がいきわたらないことなんだけど、このふたつのシーンをくっつけて流した、番組を作ってる人たちの思いは……。

 新幹線のことも上記の番組で言ってたんですが、新幹線っていうのは、地震が来た時、初期微動(P波)を感知してブレーキが作動、主要動(S波)にそなえる仕組みになっているらしいです。でも、今回は直下型だったので、P波とS波の時間差がほとんどなかったらしい。今回脱線ですんだ理由として、走ってたのが直線だったこと、駅が近いので減速してたことがあげれられてましたが、へえーと思ったのは、雪国らしく設置されている『雪落とし』なるスペースのおかげもあったということ。脱線した最後尾の車両が、そのスペースに落っこちたので、転覆しなかったという話でした。東海道新幹線などにはこのスペースがないので、今回のような場合転覆しますとか言われてました(^_^;)で、こういうスペースを他の新幹線にも作るべきだと。聞いていると、今回けが人がひとりもいなかったのは、奇跡だったんだという気がしました。

 阪神大震災の時、知り合いの19歳の女の子に、「みんなが『大変だったね』って言うけど、ほんとの大変さは、経験した人じゃなきゃ絶対わからない」って言われたことがあります。あれ以来、自分への戒めとして、忘れないようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/24

新潟地震

 地震お見舞い申し上げます。

 台風が猛威をふるったのはのはつい3日ほど前なのに、今日は新潟地方で大きな地震が。震度6強なんてすごいし、ほんとに余震?って思うほど、震度が大きい。1日に3回以上、震度6級の地震が起きるのは、昨年7月26日の宮城県北部地震以来、史上2回目だそうです。1回でもこわいのに、3回も6強がきたら、生きた心地がしません。それに、家屋や道路の破壊もひどくなりますよね。

 地震は逆断層型地震。地下のごく浅いところで断層がずれたそうです。こういう地震は直下型地震と言われ、阪神大震災などもこのタイプ。今回の震源は、これまで知られている断層帯の位置からは東に離れていて、未知の活断層が動いた可能性が高いらしいです。阪神大震災でも、震源はそれまで知られていなかった活断層が震源だったとか。こわい話ですよね。

 地震のエネルギーがため込まれているのに、大きな地震が起きていない領域のことを「空白域」と呼ぶそうです。そういう地域が北海道から富山県にかけて、いくつかあるらしい。新潟市付近から長野県北部にかけての地域には「ギャップD」と呼ばれる空白域の存在が指摘されていて、近い将来の直下型地震を予測する専門家も多かったとか。何かこういう記事を読んでいると、今回の地震も他人事じゃないという気がします。阪神大震災で、防災意識は高まったはずなのに、最近はとんとお留守になっていました。

 阪神大震災の時、高速道路が引っくり返ったのには衝撃を受けましたが、今回すごくショックだったのは、新幹線が脱線したことです。大惨事にならなくて、本当によかった。でも、夜が明けたらいろいろ状況がはっきりして、家屋の倒壊とかがけ崩れとか、実際の被害はもっと大きかったりするのではと危惧しています。

 ERのファンになったせいか、ニュースを見ていても、病院で働いている関係者の様子に目がいってしまいます。みなさん大変だろうな。

 台風は備えができるし、安全な場所へ避難することもできます。でも、地震はいきなりだし、どこへ逃げても余震はあるし……。本当にこわいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/23

ER 緊急救命室11-4 FEAR ネタバレ全開

 『ER 緊急救命室』第8~11シーズンのネタバレを山ほど書いておりますので、どうぞご注意くださいませ。

 アメリカでは11-4が放映されましたが、今回はエリザベスのラストエピ。カウンティを去っていきます。こちらのblogを拝見するとそのあらましが……。

 『去った友達』っていう中に、ベントンとロマノが入ってるんでしょうね。やっぱロマノは『お友達』なのか(笑)ラストシーンがカーターとっていうのがなんとも。このふたり、これまでそんなに親しくはなかったような(^_^;)寂しい去り方だな。もうちょっと幸せになって去っていってほしかったんですが。まあ、頭の上にヘリコプターが落っこちてくるのよりは、ずっとましですよね。

 むこうの大きい掲示板をのぞいてみると、ロマノの降板の時よりず~っと静かな感じ。ロマノの時は、いきなりだったし(ネットには流れてたけど)、すごく衝撃的なラストだったから、放送直後からすごい書き込みで、更新ボタンをクリックするたびにどんどんスレッドが伸びて、とうとうそのうちつながらなくなっちゃうほどでしたけど。

 エリザベスの場合は、事前にわかってたし、死ななかったしってことなのかな。「さようならエリザベス、さようならアレックス。あなたがいなくなるととっても寂しいけど、これからもいい仕事をいっぱいしてね」って感じでしょうか。もしかしてERでのエリザベスの描かれ方を見てると、降板に納得できるってところがあるのかもしれませんね。

 カーターとのラストシーンの場所が、9-20『無理難題』(FOREIGN AFFAIRS)で、ロマノが腕を切断する決意をエリザベスに話したあの場所では?という話が出てたけど、そうだとしたらロマノファンとしてはうれしいな。

 私はロマノの他は、エリザベスとスーザンも好きなので、エリザベスの降板はとても寂しいんですが、ロマノファンとしては『ロマノなしのリジー』を見るのはつらいから、ほっとした面もあるかもしれない。スーザンに関しては、ロマノのお葬式にでなかったからなあ……それ以降は自分の中の好感度が、やや下降してます(笑)そういえば、スーザンは今回ER部長になったんですね。ロマノが死んだ後、誰がER部長になるのかと話題になってたけど、ここへ落ち着いたんだ。適任だと思います。

 エリザベスもスーザンあたりとお友達になってれば、降板はなかったのかな。マークつながりで、このふたりはお友達になれる素地があると思うんだけど。やっぱり第9シーズンでロマノの面倒ばっかりみてたから、お友達作る間がなかったんだよね。だから、ロマノの腕切っちゃいけなかったし、殺しちゃいけなかったんだってば……ってもうすんでしまったことを言ってもしょうがない(^_^;)

 でも、ひょっとしてロマノが実は生きてて、感激したエリザベスがロマノの愛を受け入れ、ふたり(エラも入れて3人)でカウンティを去っていくのでは?などと最後の最後まで期待していた私は、やっぱり骨の髄までロマノファン(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/22

台風23号 Part2

 台風23号の被害は全国的にとても大きく、平成に入って最悪だそうですね。うちの方は幸い亡くなった方はいませんでしたが、浸水した家はけっこうあったみたいです。

 一夜明けていろいろと話を聞いたところによると、浸水はだいたい、まず側溝があふれ、次に道路や田んぼがつかり、そして家の中へ水がというパターンが多かったようです。時間的にはあっという間。雨のいきおいがすごくなったなーと思いながら、10分ほどして家の前を見たら川になっていて、わあと思っている間に浸水したとか、そういう感じみたいです。

 なぜ側溝があふれたか?これはキャパシティ以上の水が流れ込んだせいもありますが、どうやらもうひとり犯人がいるもよう。意外な犯人は『わら』でした。稲刈りを終えた田んぼには、15センチくらいに切ったわらが一面にまかれています。それが側溝に流れ込み、つまらせてしまったのです。わらは軽いので流れに乗って運ばれ、それがあちらこちらの田んぼから集まってきて、大きなかたまりとなり、側溝をふさいだ。こういうことになるらしい。水が引いた道路には、ところどころにわらの大きなかたまりがありましたどこの田んぼにも多量のわらが存在したという、非常に間の悪い時に台風が来たというわけです。
wara.JPG

 浸水しなかった家も、畳を上げたり、家具を移動させたりと、大変だったみたいです。冠水した道路で車を運転していた人は、赤信号で止まったら絶対エンストするぞと思ったらしい。車で家路を急いでいたら、一面水浸しで他に車は一台もいなくて、このまま進んでいって水没したらどうしようとちゅうちょした人もいたとか。でも、共通していたのは、水は一瞬でやってくる。とってもこわい。ということでした。

 台風でいろいろなものが流れてきたという話を聞きましたが、一番すごかったのは、知り合いの知り合いが田んぼでイノシシの子供を捕まえたことです。山から流れてきたんだね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/21

台風23号

 台風23号、みなさまのおうちはいかがだったでしょうか?お見舞い申し上げますm(_ _)m

 前日から物干し竿を下ろしたり、植木鉢を棚からおろしたり、雨戸閉めたりと、いつものように一応備えをしました。明け方、ネコがこわがってにゃ~にゃ~鳴く声で目が覚めると、外はすごい雨風。それも半端じゃない。さすがちょ~大型。
 
 ネコがずっと鳴きつづけ、こういうときはふとんに入れて抱きしめてやるべきなんでしょうが、あいにくうちのネコは、喜怒哀楽のすべてがかんだりひっかいたりすることによって表現されるというへんてこりんなやつで、早い話がふとんに入れてもらってうれしいと、かんでひっかいて私をむちゃくちゃにするということなのです。

 ふとんに入れて寝て、朝になったら、ネコが顔を洗っているかたわらで、私が首を朱に染めて絶命しているという状況になるのは嫌なので、ネコは私のベッドと平行に置いたケージの中で寝ています。で、ネコにしたら、こわいよ~、風かふいてるよ~、雨もすごいよ~、おふとんに入れてよ~(T_T)ってことなんでしょうが、心を鬼にして再びそのまま爆睡。朝起きたら、ネコの声がかれてました(^_^;)

 昼すぎ高知の土佐清水に上陸。げっ!まだそんなところにいるの?県内再接近は夕方。え~~っ!また塾を休みにしなきゃ。今年はこれで5回目です(^_^;)もううんざり。

 午後になって風雨はさらに強まります。もっとひどい雨や風は今までにもありましたが、これほど長時間続いたのは初めて。ここがちょ~大型のゆえんでありましょう。とうとう避難勧告が出ました(うちはしなくてもよかった)。これも初めて。従妹に『避難勧告が出た』とメールしたら、『うちも出たよ。自主避難勧告だけど』と返事がきて、サーフィンしてる絵文字がくっついてました(爆)

 幸いうちは大丈夫でした。でも、町内で水につかったところがけっこうあるみたいです。明日になればもっと状況がよくわかると思いますが……。

 24号が来週またくるかもなんですって?もうかんべんしてほしいです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/20

4万ヒット

 お陰様で、今日本宅(笑)の方が4万ヒットをこえました。どうもありがとうございますm(_ _)mこれからもあいもかわらず、ちっとも役に立たないサイトのままだと思いますが、お見捨てなきよう、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)mそして、まだ本宅においでになられたことのないみなさま、もしよろしかったら、一度遊びにいらしてくださいませ。『プロフィール』の『コンタクト』のところから飛べますのでm(_ _)m

 パソコンを始めた私は、インターネットにつないで初めてホームページというものを見て、何ておもしろいんだろう!自分もやってみたい!と思いました。で、次の日にニフの『サクサク作成君』っていうので表紙を入れて4ページのHPを作ったのですが、1週間くらいして、自分で作ってみたい気がする~と本を購入。確か『1週間でホームページを作る』とかいう題名だった気が。本当に1日分ずつ勉強したっけ。それと『ニフティサーブでホームページを作ろう』みたいな本も買って同時に勉強。『1週間で』の方はHTMLのタグを打って作るやり方、『ニフティ』の方はフロントページエクスプレス(だっけ?)を使うやり方がのっていて、結局後者の方にしたのでした。でも、タグを勉強したのは役に立ってます。

 ひと月後くらいに今のHPをスタート。やっぱり4ページでした。なんと最初、玄関から入れなかったんです。自分のパソのファイルにリンク貼ってました(爆)いらしてくださった方が、ご親切にメールで教えてくださったんです。ソースを見たらこれこれこうなってますよって。モニターに向かって感謝、プラス赤面(^_^;)

 そのうちだんだんページも増えて、あのころはこまめに更新してました(遠い目)。一番やってたころは、1週間に3回はUPしてた気が……。『ちゃんばら』と『いけなみくらぶ』の『鬼平犯科帳』と『剣客商売』の小説の感想書き。

 やがて創作の楽しさにはまってしまって、『毎日更新時代小説』なんてのもやりました。この創作の楽しさにはまっちゃったってのは、結局今も続いているわけですが……。で、時間をとられて更新が以前より間遠になりました。これを別名言い訳と言います。

 そして、昨年の10月からERのFicを書き始め、ついに今年の春、シーズン9の放送にあわせてERのページを作って現在に至ると。

 あっ!この10月からblogも始めたんだった!(笑)

 こうやって振り返ってみると、そのあまりのてきと~さに情けなくて涙が出ます。私ってなんていい加減なんでしょう。シクシク。

 ERの方は一応来年の春、感想もFicも区切りをつけようと思っています。理由はネタバレなのでまた今度言います(でも、ERとは離れられない気もする)。創作はずっと続けるでしょう。時代劇ファンでもあり続けますし、SFファンとしても復活するつもりです。その他予測はつきませんが、これからも、自分がおもしろいと思った方向へは急に曲がっちゃうと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/19

ストラップ

 新しいケータイはメタリックブルーと黒のツートンカラー。これに今までのストラップが、ことごとくといっていいほど似合いません。えらいものです。以前のケータイは銀色だったので、けっこう何でもマッチしていたということだったらしい。今度のケータイは、黒でないとだめ。銀色でもOKなんですが、もっている鎖状のストラップは、ケータイにくっつける紐の部分が薄いピンク色で、これが非常にミスマッチ。これはいろんなマスコットをぶらさげて、応用が利く便利なヤツだったのですが……。

 昨日外出した際に、ついでにストラップを買いました。なにせ、今のままではあうのがひとつしかないのです。『ダヤン』というネコのキャラクターが好きなので、そこで黒の皮ひものストラップをひとつ。持ってるダヤンのストラップはふたつともひもが赤なのですが、これが悲しいことにあわない。あと、来年用のカレンダーをふたつ。職場用(自宅で塾をしているので教室に)と自室用に、大きいのと小さいの。これと小さなタオル(ハンカチの代わりに最近はこれを愛用しています。そういう人はけっこう多いみたい)で5000円を越えるように。越えると、ダヤンの宝くじ(まあ、当たらないでしょうが、ダヤンのイラストがかわいい)5枚とソフビ人形がおまけについてくるというフェア中なのです。dayan.JPG
 ソフビ人形は全部で5種類あるらしい。マニアは絶対コンプリートするんだろうな。私はひとつで満足。そこはいろいろ他の雑貨もあるので、ストラップを物色。銀色の鎖の代わりに使えそうな、シンプルな黒の皮のものを見つけて購入。これでたくさんもっているマスコットをまたつけられます。マスコットはネコが一番多い。一時ほどではないが、ネコものを見るとつい買ってしまうので。

 違うお店で、ふと思いついて従妹にアイピローも買いました。受験生に心地よい安眠をってことで。3種類あって、白いのとグレーのと、ベージュの。従妹はうさぎ年なので白いのがうさぎだといいなと思ったのだけど、耳が短い。「うさぎはないんですか?これは犬で、それはさるですよね」「白いのが羊で、ベージュが犬、グレーがネコです」「あ、(^_^;)すみません。さるじゃなかったんですね」「いえいえ」よく考えれば(考えなくても)さるが白いわけがありません。結局犬のを買いました。従妹んちの犬にちょっと似ているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/18

美術館

 今日は同窓会でした。年に1度集まるのですが、今年もとっても楽しかったです。海の見えるホテル(とてもすてきでした)で、歓談しながらランチにおいしいイタリアンをいただいたあと、美術館へ。さすがは芸術の秋。

 ここは陶板名画美術館で、世界の名画1000点あまりが原寸で再現されています。今日見学したのは環境展示(古代遺跡や教会などの壁画を環境ごとそのまま再現している)と、系統展示(古代から現代に至るまでの西洋美術の変遷が、美術史的に理解できるように展示)の古代、中世、ルネサンス、バロック。

 圧巻だったのは、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画および壁画(環境展示)でした。なにせ環境ごと、そのまま原寸大で再現してるので、礼拝堂の中にいるのと同じなのだ。すごかった~~。
 ootuka.JPG
 あと、系統展示ではダヴィンチの『最後の晩餐』。復元前と復元後の絵が向かい合わせに飾られている。これもおっきい~。こんなに大きな絵なのかとびっくり。私は子どものころからなぜかラファエロが大好きなので、『アテネの学堂』とか『聖母子像』とかが見られて満足(^^)あと、あの『フランダースの犬』で、ネロが最後に覆っていた布をはぎ取ってついに見ることができた、ルーベンスの絵もあっておおっ!

 ミレーやピカソも見たかったんだけれど、2時間でもう足が限界(^_^;)だって広いんだもん。また次の機会に。世界中の名画が一度に見られて、お得感いっぱいの美術館でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2004/10/17

ちゅらさん3

 今日、録画していた『ちゅらさん3』の最終回を見ました。朝ドラの『ちゅらさん』がすごくおもしろかったので、続編が作られるのはとてもうれしいです。

 『ちゅらさん』みたいにハートフルなドラマを見るとほっとします。こはぐら家や一風館の人々のやりとりがとても楽しい。私の場合、これを目当てに見ていると言っても過言ではありません。好きなキャラは、まりあさんと島田さんと遥さんかな。

 まりあさんが柴田さんの赤ちゃんにべろべろばあっ!ってしたのがケータイにおさめられてて、『今日のまりあさん』ってみんなに送って、文也くんのお母さんだけケータイがうまく操作できなくてあせってたりとか、ああいうシーン、すごく好きです。

 あいこちゃんが「人は死んだらどこへいくの?」って聞いた時の、おばあの「どこにもいかないさ。ずっと側にいるよ。生きてる時よりずっと近くにね」ってせりふ、すごく感動しました。あと、あいこちゃんのお母さんが「お母さんはあいこのことず~っと愛してるからね」って言ったのと、恵達のロックの師匠が「ロックは正義だ」って言ったのと、この3つが、今回心に残ったベストせりふです。

 『ちゅらさん』は私の理想の作品のひとつです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/16

ネズミとり

 うちの家の周辺にはいくつかたんぼがあり、今稲刈りの真っ最中です。稲刈りで居場所がなくなったネズミのみなさんが、うちにも引っ越してきて、天井裏にお住まいになります(家の中には入ってきません)。そのうちまた引っ越していくのですが……。

 もう10年近く前、そんなネズミの一匹がなぜか階段下の物入れの中に迷い込んできました。ネズミとりを仕掛けようということになり、厚紙に粘着剤がついたタイプのもの(ゴキブリホイホイの大きいのとご想像いただければ)を物入れに設置してドアを閉めました。

 次の日の朝、階下がさわがしくて目が覚めた私が下りていってみると、ミニダックスのりりがキャンキャンとなきわめき、両親がののしりあっています。父親がうっかり物入れのドアを開けっぱなしにしてしまい、ネズミではなく、りりがネズミとりにかかってしまったのでした。

 りりはみんなに溺愛されており、いわば家族のアイドル。そのりりの一大事ということで、両親はパニック状態。母に落ち度を指摘された父はすっかり逆上してしまい、母に向かって、
「おまえがかかったらよかったんや!」
と大きな声(怒鳴るとも言う)でおっしゃってしまいました。

 私はネズミとりの製造元へ電話をかけ、粘着剤に毒性が無いことを確かめると、『犬がひっかかっちゃったんですけど』と解決の方策をたずねました。『毛を切るのが一番です』『うちのはミニダックスなので、毛が短いんです』『小麦粉をまぶして、よじってとってあげてください』

 小麦粉作戦は面積が広すぎてうまくいかず、結局動物病院へGO!全身麻酔をうたれて、毛をそられました。あわれりりはわきばらから背中にかけて大きなハゲちゃんに。犬でも驚いてました。目が覚めたらハゲになってて。

 一件落着してほっとしたところで、みんながいっせいに思い出しました。そう、父親の暴言です。母の怒ることといったら(あ、母の名誉のために言っておきますが、うちの母はおしとやかでおだやかな人です)。
「どうしてあんなこと言ったの?」
「いや、あの、その、つい……」
「『つい』ってそれどういうこと?」
両親はお互いを『パパ』『ママ』と呼び合っていて、父が母に向かって『お前』なんて言うのは聞いたことがありませんでした。いやあ、人間ってパニックになると本性がでちゃうもんなんですねえって、違うか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/15

ザ・ホワイトハウス3-2 「闘いの始まり 後編」

 今週のお話は先週の続きだったんだけれども、新しいスタッフ(ブルーノ、ダグ、コニー)の紹介っていうか、彼らは何者なのかということが判明しました。そして、旧スタッフとの間でいろいろともめちゃう。ブルーノは、気のせいか先週よりいい人になってるような気がします。ダグの方が嫌いになってきたかも。トビーにたてつくから。コニーはあいかわらずあんまりわからないけど。

 新旧スタッフはうまくいかず、大統領夫妻もけんか中。ジョシュは自分のやったことが失策だった。もっと選挙に利用できたのにってことをブルーノに言われて大ショック。それをドナには打ち明けて、ジョシュにとってドナはやっぱり特別な存在なのかな。

 辞職するつもりのCJに大統領が「ずっといてほしい」。かっこいい~~!

 今回はあちらこちらで不協和音だったんだけど、それがラストで一気に解決。大統領夫妻も和解する。「でも今ならきっとあなたに一票入れるでしょうね」アビーのこのセリフを聞いた大統領の表情が、なんだかかわいい(笑)

 そして、新スタッフに席をはずすように言った大統領は旧スタッフに、「考えたら私は、一度も謝ってなかった。すまない」とまず謝罪をし、新旧スタッフみんなで勝利を目指そうと呼びかけます。「歴史の一ページを今日ここで作ろう。たった今この瞬間に」と言ってスピーチをしにステージへ。そしてスタッフたちもそれに続き、ドナとチャーリーが見送る。で、終わり。このシーンもすごくよかったな。

 今日の大統領はとってもかっこよかったです。こんなふうに言われたら、何があってもこの人についていこうって思うよな~~。今日のキーワードのひとつは『謝罪』だったと思います。スピーチに『謝罪』を入れるべきだと新スタッフは主張し、旧スタッフはこれに反発。でも、大統領は謝罪しました。旧スタッフ達に……。これから国民に謝罪するのかその辺は今回明らかになりませんでしたが、一番最初の謝罪は適切な時に適切な人たちに対して行われたと思います。え~~とでも、もっとも身近な人(アビー)には、しないですませちゃったというか許してもらったというのか(笑)

 新しいサムの声、今日はだいぶ慣れました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/14

トップランナー

死国
夏川結衣 筒井道隆 長崎俊一

角川エンタテインメント 2000-08-11
売り上げランキング : 18,356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バトル・ロワイアル 特別篇
藤原竜也 前田亜季 山本太郎 栗山千明

東映 2002-05-21
売り上げランキング : 1,873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キル・ビル Vol.1
ユマ・サーマン

ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント 2004-04-16
売り上げランキング : 6,049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
下弦の月 ~ラスト・クォーター
栗山千明 矢沢あい 二階健 成宮寛貴

松竹 2005-02-26
売り上げランキング : 575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨日夜NHKBS2で『トップランナー』という番組をやっていて(総合の再放送かも)、ゲストが女優の栗山千明でした。栗山千明は映画『バトルロワイヤル』の千草貴子役がとても印象的で、彼女が映画『死国』に出演していたことをあとで知って(映画は未見ですが、宣伝とかで)、ああ、あの子か~~。と納得したのでした。『バトルロワイヤル』(私は深作欣二監督のファンです)では、柴咲コウもとても印象に残りましたが、彼女のその後の活躍は見てのとおり。

 『バトルロワイヤル』では『目』が印象的でした。目のちからというのか、強い光というのか、ただ者じゃないなと思わせる目でした。当時16歳だった彼女も20歳になったそうで、一段と美しくなっていましたが、あの目は健在でした。

 昨年公開されたタランティーノ監督の『キルビルVol.1』に栗山千明が女子高生殺し屋GOGO夕張(すごい名前っ!タランティーノ監督は夕張が気に入ったらしい)役で出演していたとは知らなかった。タランティーノは『バトルロワイヤル』を見て、この子はいい!と思ったそうだ。さすがはタランティーノ。

 この『キルビル』は時代劇っぽいところがあるらしいので、見たいんですけど、血だらけってので二の足を踏んでたり。そうか、栗山千明が出てるのか……。あーでもやっぱ血だらけはなあ。でも、見たらあれはこれのパロディとか、時代劇の元ネタがわかるかな。

 そんな栗山千明は10月9日から公開の『下弦の月(ラスト・クォーター)』に初主演、ごく普通の女子大生を演じているとのこと。普通の役は難しいっていってたけど、ほんとそうなんだろうね。ふつーの栗山千明ってどんな感じなんだろう。あの目はやっぱりあのままなのかな。

 時代劇といえば、『あずみ2』でくの一をやったらしい。なんかかっこよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/13

黄金の日々

 CSの時代劇チャンネルで、12月から大河ドラマ『黄金の日々』が放映されるそうです。『黄金の日々』を放映していた当時は「根津さんかっこいい~!」と言ってた友達が多かったような気がします。友人のひとりは、年配向けだった大河ドラマが変わった、記念すべき作品だと力説してました(そんなに熱くならなくても。まあ、あのころはみんなおとなぶってました。それは子供ってことの証拠なんですが)。

 私はというと、別なものにはまっていました。『太陽にほえろ!』と『必殺シリーズ』です。同じ時代劇でも、大河ドラマではなく、アウトローな必殺にはまっていた自分を、ほめてあげようとは思いませんが、『らしい』と思います。『サイボーグ009』と『仮面の忍者赤影』を私の第1次ルーツとするならば、第2次ルーツは『太陽にほえろ!』と『必殺シリーズ』と言えるでしょう。

 絶大な人気を誇った、いわゆる『仕事人』シリーズもおもしろかったけれど、『必殺からくり人』『必殺からくり人血風編』『新必殺仕置人』『新必殺からくり人』『必殺商売人』『必殺からくり人富岳百景殺し旅』というあたりの作品が私は好きです。特に前の4作品には、すごく夢中になってました。

 時次郎の緒形拳も、蘭兵衛(高野長英)の近藤正臣も、死神の河原崎健三もかっこよかったけれど、やっぱり山崎努がかっこよかったな(^^)指のぽきぽき(鳴らなかったけど)とか、ウィンチェスター銃の構え方とか練習しました(いったい何を練習しとるんや。他にすることなかったんかいな、こいつ)。

 三隅研次監督の映画が好きなのも、鬼平犯科帳で密偵に肩入れしてしまうのも、その他いろいろなこと、ちょっと偉そうに言ってしまうと自分の美学、美意識は、かなりの部分『必殺シリーズ』に影響を受けていると思います。

 でも、当時『必殺』を見てるっていうこと、友達には言えませんでしたね。誰も見てなかったもん。確か『今はバラ色が好き』っていうテレビドラマがあって、松坂慶子とか近藤正臣とか出てて、「近藤正臣かっこいいわあ」ってみんなが言ってたときに、心の中で「蘭兵衛の方が絶対かっこいいって」とつぶやくくらいしかできませんでした。まあ、友達の方が、正しい女子中学生であったことは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/12

ブラックジャック

 あのブラックジャックが連続アニメ化されるということで、さっそく見てみました。

 ブラックジャックには小学校の6年生の時にはまって、全巻読みました。うちは子供のころマンガ禁止だったのですが、ブラックジャックはOKだったんですよね。たぶん父親がはまってたからだと思います。な~んて勝手なんでしょ!

 ブラックジャックの影響で、一時期お医者さんになろうとかなり真剣に考えてました。(でも、ならなくてよかった。前述したように、私は血を見るのがダメ)。希望は外科医じゃなくて、精神科か法医学かどっちかって思ってたなあ。なんでって理由ははっきりとは覚えてないけど、そのころはまだ血を見るのがダメってことには気付いてなかったと思うので、患者さんが死ぬとやだからってことだったと思います。確かにそうですよね。特に法医学は絶対。だってもうすでに亡くなっちゃってるし。ERにはまってしまったのも、このあたりにルーツがあるんだろうと思います。

 で、アニメのブラックジャック。いきなりしょっぱな不発弾のシーン!これには驚きました。そ~か~先に知らせちゃうのか~。手術シーンは時間帯のこともあって、あまりリアルには描かないっていうのをどこかで読んでたので、なるほど、こんな感じなんだ。でも、あんまり違和感ないですね。

 いざオペ!ってシーンでマントがひるがえるのはなぜ?それに続くグローブをはめたり準備をするところが『変身!』っぽいというか、決めポーズっぽくて、ちょっと恥ずかしい、って私が恥ずかしがってもしょうがないんですが(^_^;あと、ピースサインをするブラックジャックには、ぶっとんじゃいました。ピノコに対する態度も微妙にソフト化。これも時代の流れにあわせてってことなんでしょう。

 でも、ブラックジャックはやっぱりおもしろいし、かっこいい!(^^)わあ、ブラックジャックの声がベントン先生だっ!(笑)

 最初の話で議員のけがをブラックジャックが治療する時に、何かにはっとするんだけど、きっと腫瘍だろうな~でも、腹膜しか見えてないから、そこに豆をまいたみたいにぱらぱらっとあるんだろうな~ってことは大腸がん?とかぼんやり思ってたら、ほんとにそうだった(^_^;原作は細かい所まではもう覚えてないので、どっかで仕入れた知識だと思うんだけど、どこだろ。最初に読んだころより、医学知識は増えてる(特にこの1年ほど。ERのせい)けど、年食ったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/11

冬じたく

 うちのネコはケージに入れて完全室内飼いなんですが、それが2階でミャーミャー鳴いていて……。それがもう、けたたましいという形容がぴったり。ひっきりなしに鳴いてるんです。これはちょっと変かなと上がっていって見てみると、水入れの水を掻き出してしまい、ケージの床が水浸し。腹がたつとこれをやるので、「ど~してこういうことするかな」と怒りながら掃除。水とえさを置いてある上に板をわたしてベッドにしてやっているのですが、そこも濡れた足跡だらけ。

 もう!いけない子だね……あ!お気に入りのフードをがっついて食べ、ふとんに吐いてました。それで汚くて寝られないので、怒って水浸しにしたらしい。およごしと水浸しで、いるとこないじゃん(^_^;)なんておりこうなんだ。

 うちのネコはふとんが大好きで、なぜか掛けぶとんがないと寝られません(ないと鳴く)。夏は一枚の布の四隅をひもでケージにくくりつけ、それにくるまって寝てます。敷きぶとんは、布のカバーに大判バスタオルを折って入れたものです。

 だいぶ涼しくなったので、そろそろ冬じたくをしてやることにしました。洗っておいた敷きぶとん(母製作。カバー類もそうです)をバスタオルでくるんでカバーをかけ、キティちゃんのフリースひざかけ(電気屋さんの景品)をケージにくくりつけて終了。真冬には、敷きぶとんのカバーの上からフリースのシーツをかけ、掛けぶとんは毛布になります。もっと年を取ったら、湯たんぽを入れてやるつもりでいます。ちまたにはペットヒーターなんてものがあるのですが、なにせ、ほら、うちの子は超おりこうさんなので、絶対にコードをかじって感電するにきまってるからです。

 ケージに入れてやったらもう大喜び。速攻もぐって、ぐるぐるとのどを鳴らしているとおもったら眠ってしまいました。寝るのはいいけど、また太るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/10

『トラウマ』と『ER緊急救命室』

 大型台風、みなさまのところはいかがでしたか?お見舞い申し上げますm(_ _)mうちの方は今回はそれたのですが、今までのは全部通過していきました。今年はどうしてこんなに台風が多いのでしょう。もううんざりです。

 スカパーのディスカバリーチャンネルで放送されている『トラウマ』という番組を見ました。これはアメリカのERの現場を取材したドキュメンタリーで、毎週違う場所のERがとりあげられてます。ERのFicの治療シーンを書くための参考に見てるんですが、私、血を見るのがダメなんですね~~。ドクターにはとてもなれませんです。この番組は当然リアル映像満載なので、薄目をあけるという、『自家製モザイク』を時々かけています。

 いつも見ていて思うのは、ERというドラマの医療シーンってすごくリアルなんだなということです。リアルな医療シーンが売りのERですが、それは本当なんだって。ストレッチャーから患者を治療台に移すときは「1,2,3!」って言ってるし、ロマノみたいにバンダナ巻いてる外科医もいるし、治療以外の細かいところも一緒なのを見ると、感心してしまいます。

 実際の治療も、あ~この患者さんだと、まず挿管するんだろうな~。それからチェストチューブ入れるんだろうって思ってるとそうなるし、挿管の時輪状軟骨押してるし……。腹部の刺傷だけどソノサイト(ポータブルのエコーの機械)が、やっと来た!とか言ってひとつしかなくて、患者が4人だから、腹腔洗浄かな?と予想してるとそうなるし、ERでやってることを実際の医療現場でもやってるのでした(医療現場をERがまねしてるんだから、ほんとは逆だけど)。

 交通事故の重傷患者のレントゲンを見て、横隔膜ヘルニアって診断がついて、そういえば、ルーシーがチェストチューブ入れようとしたら「これ何?」カーターが「腸だ!横隔膜が破裂したんだ!」って言うシーンがあったよね~。って思いながら見てたら、その患者さんはメスで切ったみたいに横隔膜が切れてて、胸に胃がいっちゃってました(この患者さんは重傷だったけど助かりました。よかったです)。う~ん、恐るべしER。

 あと、激務なのもいっしょだし、治療の甲斐なく患者さんが亡くなった時の悲しみも、助かった時の笑顔も……。そして、いつもどのドクターも、ERで働くことに誇りと生きがいを感じてるって言ってて、そういうところがドラマ『ER』の一番大切な根っこの部分なんだろうなって思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/09

ザ・ホワイトハウス3-1 「闘いの始まり 前編」

 今日やっと、録画していたザ・ホワイトハウスを見ました。
 再出馬を表明した大統領。あのポケットに手を突っ込み、にやりシーンは、うしろから見るとああなのか~~。
「部長笑ってませんね」「心で笑ってる」のトビー、いいぞ!かわいくなくて(笑)チャーリーをビリヤードに誘い(誘い方が子供みたいでおかしかった)、ぼろ負けしているトビーもよかったです。

 新しいスタッフ(選挙参謀らしい)のブルーノとダグとコニーが加わりました。コニーはほんの一瞬だったのでよくわかりませんが(エアフォース・ワンと紋章入りのチョコレートに感動してた)、ダグとブルーノはあんまり好きじゃない。特にブルーノ。偉そうなんだもん。

 新しいといえばサムの吹き替えが変わりました。新しい方に文句があるとかそういうわけではないのですが、サムの新しい声に慣れてないので、サブキャラ数人とサム、ジョシュがしゃっべてるシーン。聞いてるだけじゃサムがしゃべってるってわかんなかった。声が変わったら、性格まで変わっちゃた気がするんですが……。そのうち慣れるかな?

 あと、今日は再出馬を表明した頃と、それから4週間後の出来事とが入り混じっていて、ちょっと混乱しそうになりました。ええっと月曜日のスピーチがどうのこうのって言ってるから4週間後の話だよねとか。なんだか暗めの展開なのは、これからずっとそうなの?だとしたらちょっとやだな。

 それとCJが大失言をしてしまいました。最初の方でトビーに「辞職するつもりだ」って言ってたのはこれだったのね。次週の予告で、大統領に「辞職します」って言うシーンがあったけど、まあ心配しなくてもCJ役の女優さんは、つい最近エミー賞の主演女優賞とってたし、辞めなかったってことですよね(笑)

 続きを見るのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/08

ある夜のできごと

 先日夜中にネコがごそごそと何かをつついていた。うちのネコはとてもおりこうさんなので、ビニールの切れ端(たとえばカツオパックなどを開けた場合に生じる細長い形状のビニール)のような、ああいった類のものを好んでお召し上がりになろうとする。

 また、ビニールを食べようとしているな。「ぷ~ちゃん!」と言いながら電気をつけ、ネコの手元を見ると、何やら鮮やかな緑色の物体が。やや、カメムシではないか!うえ~~早く取り上げないとくさいじゃないの。さらに目を近づけてよく見ると……うわああああああああっ!カエル!自慢じゃないが、私はカエルは大嫌い。小さいアマガエルでもダメなのである。大きいのに遭遇したら……たぶん気絶するだろう。

 アマガエルはすでに干からびている模様。ネコをシッシと追い払い、さてどうしようか。このまま置いておいて、明日の朝誰かに除去してもらおう。まずはそう考えた。しかし、カエルがいる場所は、パソコンをしながら座っているいすの真後ろなのである。自分のすぐ後ろに、死んでいるとはいえ、カエルがいるのは絶対に嫌だ。

 これは外へ捨てるしかない。私はティッシュを3枚とり、カエルの死骸をつかんだ。きゃああああああああ~~っ!や、やわらかいっ!死んでないっ!生きてるっ!カエルは水分のない部屋の隅っこでさんざんネコにつつかれ、ほこりまみれになり、息も絶え絶えになっているらしい。

 玄関へダッシュしドアを開け、ティッシュを振って地面に落下させようとしたが、カエルはティッシュにぴったりはりついてしまっている。わずかに残っていた水分のせいだ。カエルもあせっているだろうが、私はもっとあせっていた。ええい!思い切り振ると、ぺちっ!と音がした。わああごめん、痛かったよね。カエルはよろよろと玄関ポーチから立ち去った(と思う)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/07

ちょっと訂正

 昨日『いらち』を『関西人特有の性質』と書きましたが、『大阪人特有の性質』と訂正させていただきますm(_ _)m

 京都、大阪、神戸に住む人々は『関西人』とひとくくりにされがちですが、実はそうされることを嫌がっていると私は思います。正確に言えば関西圏に住んでいる人はみんな関西人なんでしょうが、ここではこの3地域に限定して話を進めます(どこへ?)。

 私は神戸で生まれ、1歳過ぎから小学校1年の終わりまで京都で過ごし、大阪では2年、神戸では7年近く住んでいました。現在関西には住んでいませんが、自分は関西人だ、神戸っ子だと思っています。でも、気質的には3つの地域が入り混じっているようです。

 京都人は大阪人を「がらが悪うてかなんわあ」と思っており、大阪人は京都人のことを「しんきくさあ。何が伝統じゃ」と思っています。神戸人は京都人、大阪人に対して同様のことを思っていますが、「まあええやん。人それぞれやし」と割り切っています。その神戸に対して、京都と大阪の共通の見解は「いっつも要領ええんやから」というところでしょうか。そして、全員が「やっぱりうち(京都、大阪、神戸)が一番やわ」と思っているのです。

 これで、私が冒頭で『いらち』を『大阪人特有の性質』と訂正した理由がおわかりいただけたと思います。そのままにしておくと、京都及び神戸の方々から「一緒にせんといて」とクレームがつき、大阪の方々からは「いらちは大阪独特の美徳や。京都、神戸にそんなもんあらへん」と文句がでるおそれがあるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/06

24

 今日からフジテレビ系列で『24-TWENTY FOUR-』の第2シーズンが放送されます。春(だったと思う)には、第1シーズンが放送されたんですけれど、これの第1話を見て、口があけっぱなしになるくらい(いやほんま)驚いてしまいました。リアルタイムドラマっていうアイディアを思いついた人は、すごくえらいと思います。ノンストップのアクションとサスペンスに1時間釘付け。口はあけっぱなし。
 で、次の日私がどうしたかというと、本屋さんへ走りました。え?何をしに行ったのかって?それはもちろん24のガイドブックを買いに行ったに決まってるじゃありませんか。だってね、私が見ていた関西テレビは、1週間に1話しか放送しないんですよ。24週間も結末を待てっていうの?『いらち』(関西人特有の性質。ただし私の場合、普段の行動はスローなのに、みょ~なところでいらちなのだ)の私が、そんなことできるはずはありません。
 ガイドブックを入手して一気に読み、「おおお!この人が犯人!」と満足した私は、次週から24を見るのをやめました。ガイドブックには1話ごとのストーリーが細かく書いてあったんです。
 推理小説ってめったに読まないんですが、これはたぶんいらちのせいもあると思います。読み出したらもう結末が知りたくてたまらない。読む速度ははやい方だと思うんですが、もっとはやく、もっとはやくと、全力で突っ走ってしまうんですよね。読書を楽しむなんていう余裕はなく、ひたすらエンドマークを目指して読み進む。ほとんどスポーツみたいなもんです。その上寝ないで読んじゃうので、読み終わったときはぐったり疲れているという……。だから、もし自分が推理小説を書いたら、「お前が犯人だろう」「はい、そうです」って、たった2行で終わっちゃうと思う。

 今回の24の第2シーズンは、毎日一挙放送だということなので、見ようかな~と思っていたのですが、ネットをして遊んでいたら、見てしまったんですね、ネタバレを。あれ、たぶんそうだと思う。犯人がわかっちゃったのでした。ってことで、今回は1回も見ないでパスということとあいなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2004/10/05

ケータイその後  秋の新番組

 従妹(高3)と電話で話をしていて、「ケータイ機種交換したんだ。SO505i。いくらだったと思う?」「う~ん、高かったんじゃないの?」「0円」「え~~~っ!」従妹は去年SH505iに機種交換したそうで、「高かったのに~~」と嘆いておりました。友達で私と同じのを使ってる子がいるらしい。その子はもっと絶叫するでありましょう(笑)
 私はもともとちっちゃいデジカメが欲しかったので、新しいケータイに満足していますが、ひとことだけ言いたい。『天下のSONYが、なぜ文字がジャミジャミなの?』
 液晶画面がむきだしになっていて、すぐに傷がついたりこわれたりするんじゃないかなとちょっと心配だったんですが、ネットにこのケータイを車でひいちゃったという人のコメントがありました。液晶はこわれちゃったけど、ガラスは割れなかったそうです。これで安心(^^)子供の頃、『象が踏んでもこわれない』という筆箱があって、コマーシャルで象が踏んでました。幼稚園だったか1年生だったかのころ、この筆箱を買ってもらった私が、本当にこわれないのか試そうと、いすの上から筆箱の上に飛び降りてみたところ、筆箱は見事に割れてしまいました。きっと私の体重は、象より重かったのでしょう。おとなになった今、いすの上からケータイの上に飛び降りて、ガラスの強度をテストしようという気にはなりません。我ながら成長したものです。

 さて、明日からいよいよ『ザ・ホワイトハウス3』の放送が始まります(^^)2から見始めてはまりました。1の再放送はしてくれないんでしょうか?見たいな~。DVDが発売されたらきっと買います。CJとトビーが好きです(^^)

 あと今週木曜日10時からフジテレビ系列で、『大奥』が始まります。今度は春日局のお話らしい。このあたりの時代って好きなんです。柳生家のみなさんが活躍するので。今回は、大奥が舞台だからあまり期待できないかな。でも宗矩は登場するかも。するとしたら配役は誰になるか楽しみです。でも、10時に時代劇なんて、すごく久しぶりな気が。『大奥』って人気あったんだ。

 時代劇といえばテレビ朝日系列で10月18日(月)7時から『忠臣蔵』がスタート。大石は松平健。連ドラでの忠臣蔵は映画よりたっぷり時間があるから、いろいろなエピソードを入れてほしい。カタルシスのある忠臣蔵だといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/04

CD

Clocks
Coldplay

Parlophone 2003-03-24
売り上げランキング : 4,662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
Made in China(CCCD)
チャイナ・ミュージック・オーケストラ

エイベックス・ディストリビューション 2004-07-07
売り上げランキング : 10,338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 私はあまりCDを買わない人です。(でも、今年は結構買ってるかな。6月にピアノのCDを数枚。これは創作の資料用だったり(^_^;久しぶりにブーニンを聴きました(^^))子供のころから『ながら』ができないので、何かするときにBGM流したりしないせいでしょうか。あまり音楽は聴かない方だと思います。
 そんな私ですが、最近2枚のCDを買いました。1枚はCOLDPLAYのCLOCKS これは、ERの9-12『裏切り』でラストシーン(ロマノが屋上からバンダナを捨てるシーン)で流れた曲で、いいなあって思ってたので。ただ今ケータイの着メロもこれにしてます。

 もう一枚は、CMO(China Music Orchestra)のMade in China これは先週お昼のワイドショーで、中国古典楽器(揚琴、二胡、笛)の天才演奏家3人(全員がイケメン(笑))によるユニットって紹介されていたのを見て買いました。ライブの様子が映ってたんですが、そこで演奏されてたのがYMOのRYDEENで、うわーっ!すごいっ!って思いました。で、CD欲しいなって。

 CDに入ってるブックレットに書いてあるユニット結成とCD作成に至る経緯が、何だか小説っぽくておもしろかったです(^^)あ、で、CDですが、大満足です(^^)YMO大好きなので。一番好きなRYDEENとTONG POOがカバーされてて、おまけにMERRY CHRISTMAS MR.LAWRENCEも入ってるし、メリーアン(!)も入ってるし。(なぜか冬ソナも(笑))あ~でも、とどめはSUITE FROM THE PLANETS(ジュピター)よかったなあ(^^)もともとシンセとか大好きなんですが、そこに中国古典楽器の組み合わせって初めて。とってもナイス!でした。自分的にはすごくつぼです。カバーといえどもすっかりCMO流になってます。オリジナルもすごくよかったです。『出発』を聴くと泣けるのはなぜだろう?『大河』は壮大な感じがしてこれも好き。

 これ聴くとSF書きたい!って思いました。(すみません、考えがあさっての方へいってしまうのは私の悪いくせなんです)ちょっとこのところSFを書きたいなあって思ってて、このCDで増幅されちゃったような(笑)

 それから、いつも夜中に更新してるので、基本的に『今日』というのはUPしてる日付の前の日ということになりますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/10/03

よろしくお願いいたします

 本日よりblogを始めることにいたしました。HPの『ひとりごと』をこちらへ移した形になります。なので、日記ではありません(^_^;いろいろなことを書いていこうと思っております。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 さて、今日は携帯を買い換えました。携帯を買って2年以上になるのですが、『機種変更のおすすめ』みたいな葉書がきまして、お~!そうだ!機種変更をしよう!ってことに。blogを始めるのでカメラつきケータイがほしいと思っていたのです。フェアが今日明日2日間なので、急いでお店へ。
 結局、SO505iのサイバーブルーにしました。自分的な条件というのが、『話せて、メールができて、カメラがついてる』というものだったので、HPにあげるのなら、このくらいの画素でOKでしょうと判断。お値段は0円でした(^^)形状は小さなデジカメという感じで、かわいくて気に入ったし、今までのがシルバーだったので、色も変わってよかったです。待ち受けはもちろんロマノ(笑)いろいろな機能を使いこなすまではまだいってません。前のと違うメーカーのになったので、使い勝手が(^_^;辞書は前の方がおりこうさんです。

 それと、今日からNHKの総合でERの第8シーズンが始まりました。すげー遅い時間ですが、放送されるだけでも某ザ・ホワイトハウスに比べれば(^_^;思わずちょこっと見てしまったのですが、『わあ!みんないる!』って思っちゃいました。昔はよかったな~ってため息が……。あ、ERに関してはネタバレで書きますのでm(_ _)m

 それでは今日はこのくらいでm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2004年11月 »